健康・スポーツよもやま話ブログ

健康に関する情報やスポーツのホットな話題やトピックスなどを紹介しています。

スポーツ

小平奈緒、体調不良で無念の棄権/反省すべきは、過剰なマスコミ報道姿勢!

投稿日:

平昌オリンピック金メダリストの小平奈緒選手。

日本勢初の総合2連覇をめざして、中国で行われた世界スプリント選手権に出場。

快挙達成目前で、体調不良のため、無念の棄権という、残念な結果に終わった。

 

小平選手のファンである筆者は、今回の結果が残念でならない。

もちろん、一番悔しいのは、小平選手本人であることは、間違いないこと。

この文章では、小平奈緒選手の心中を思いながら、今回の棄権を誘発した、

原因について書いてみたい。

 

マスコミ各社は、事実関係のみの報道

小平奈緒選手が、世界スプリント選手権が行われた中国から帰国した。

マスコミ各社の報道記事では、

到着した羽田空港に報道陣を含め、100人を超える人が出迎えたが、

マスク姿の小平選手は、無言のまま空港を後にした。

 

と、帰国の様子のみ、報じている。

 

体調不良で棄権した前日、翌日、帰国時の記事では、

関係者や報道陣からの、小平選手への気づかいや配慮を、読み取ることはできなかった。

 

マスコミは、事実関係に基づき忠実に報道することが大前提。

それは、筆者も十二分に承知している。

がしかし、問題視したいのは、報道に至る取材のあり方。

筆者は、前々から、マスコミのアスリートへの取材や報道の仕方に大きな違和感を感じていた。

特にTV局の報道姿勢に。

 

スポーツ選手が、スポーツや報道番組のインタビューを受けたり、出演すること自体は、問題ない。

むしろ、一流選手が、高度な技や技術を、どのようにして体得したのか。

トレーニング方法は? 生活環境は? 日常生活の過ごし方は?

視聴者が知りたい情報を、じっくりと細やかに紹介する、ドキュメンタリー番組なら、大歓迎。

ドキュメンタリー番組には、アスリートとしての選手に対し、リスペクトと配慮が感じられるからこそ、

視聴者は、選手個人のみでなく、競技そのものに興味と感心を持つ。

だから、そんな番組は、視聴者に支持される。

 

しかし、平昌オリンピックが終わった後、帰国した選手たちを待っていたのは、

マスコミ各社の過剰とも思える取材攻勢。

スポンサーリンク




選手の発したコメントが感動を呼ぶ

メダルを獲得した選手、取れなかった選手も。

ほとんど、全部の選手が試合後のインタビューで口にしたのが、

関係者や応援していただいた方への感謝の言葉。

そして、自分が活躍することで、競技そのものの認知度を高めたい、という思いを語っていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「閑話休題」

銅メダル獲得で一躍注目を集めた、カーリングでも、

会見時、選手たちは、感謝の言葉のあと。

「今まで、カーリングは4年に一度、注目を集める競技といわれてきた」

「今回のメダル獲得で、注目されたが、もっと認知度をあげるために、これからも頑張っていきたい」

という趣旨の発言をしていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからこそ、選手たちは、自分や競技を知ってもらいたいという使命感をもって、

疲れていても、無理をしてでも、TV出演を繰り返したのは、想像にかたくない。

 

TV放送局が反省すべき番組編成

朝から晩まで一日中、記者会見や取材に追われ、

各TV局のワイドショーやニュース番組に引っ張りだこで、たらいまわしに出演。

一部の選手は、バラエティ-番組にも出演し、興味本位で競技に関係ない、

質問やゲームに参加させられてもいた。

筆者が目にし、最もあきれたのは、海外の試合に出場する選手を空港まで追いかけ、

出発直前の選手に人気芸能人が、プレゼントを渡したり、質問したりするシーン。

(幸いにも、選手たちが終始、笑顔で受け答えしていた姿が救いだった。)

 

過密スケジュールの選手達

小平選手の場合、オリンピック後帰国してから、国内滞在時間は41時間。

滞在2日の間、取材とTV出演に追われ、すぐに世界スプリント選手権出場のため、中国へ出発した。

高梨沙羅選手やジャンプ陣、スキーモーグルの原大智選手など、

多くの選手が、国内の過密スケジュールをこなし、海外の試合へ飛び立った。

 

オリンピックのすぐ後、休む間もなく、海外の試合に出場する選手たちのすごさに驚くが、

最も驚いたのは、ノルディックスキー複合の渡部暁斗選手。

オリンピック大会後、帰国せずそのまま、ヨーロッパの試合に出場。

肋骨を骨折していたことを明かさず、オリンピックで銀メダル獲得。

その精神力には、脱帽と称賛の言葉をあげるほかない。

 

まとめ これからの報道に望むのは

この文章は、今回、小平選手の棄権という、残念な結果が引きがねになってしまったが、

スポーツ選手たちに対する、マスコミの取材姿勢に警鐘を鳴らし、反省を促すことを趣旨として書いてきた。

この文の中盤に、

筆者は、前々から、マスコミのアスリートへの取材や報道の仕方に大きな違和感を感じていた。

と書いたが、

これから、マスコミや競技団体には、

「スポーツや選手の活躍には、見る人に感動を与え、希望や憧れをいだかせ、社会を明るく元気にする力がある」

という認識の上、アスリートとして選手たちをリスペクトし、配慮をもって、報道していただことを願って、

この文を終わりとしたい。

 

ご拝読に感謝。

 







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Gama

Gama

新しもの好きでなんにでも好奇心旺盛の親父です。 仕事は、健康施設やゴルフ関連、IT関連の企画コンサルなどをしています。 好きなものは、ゴルフ、お酒、ネットサーフィンなど、 野次馬根性だけは、誰にも負けません。

-スポーツ

Copyright© 健康・スポーツよもやま話ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.