健康・スポーツよもやま話ブログ

健康に関する情報やスポーツのホットな話題やトピックスなどを紹介しています。

ゴルフ スポーツ

ゴルフシューズのスパイクレスとソフトスパイク違いはどうよ?を解決

更新日:

この記事はコロナウイルスが猛威を振るう前投稿したものですが、

早く、終息し、気兼ねなくゴルフをしたいと思い、追記しています。

 

ようこそ! 数あるブログの中、この記事をご訪問いただきありがとうございます。

筆者のgamaと申します。

春になり、だんだん日ざしが明るく、温かく感じ始めると、寒い間はおとなしくしていた、
ゴルフの虫が騒ぎだし、久しぶりのラウンドが決定。

久々にゴルフシューズを引っ張りだしてみて、びっくり仰天!

履いていこうと思っていた白い「ソフトスパイクシューズ」の靴底が、
ぱっくり大口を開けて笑っている状態。

これは無理だと、もう1足の黒の「スパイクレス」も出してみると、
こちらもサイドにホツレがあり、靴底の一部の接着剤が取れているのを発見。

履けないこともなさそうだけた、ラウンド中にぱっくり底が抜けるところを
想像すると、新しいシューズを買うしかないと決断。

それから、ラウンド当日までの数日間、シューズ選びに四苦八苦。

 

そんな筆者があちこちのショップで履いてみた、ゴルフシューズ選びの
体験をご紹介します。

 

これからラウンドデビューされるビギナーゴルファーさん。

気分転換で最新のシューズを試してみたい、ベテランゴルファーさん。

 

筆者のシューズ選びが参考になれば、幸いです。

 

それでは、始まり始まり。

 

スポンサーリンク




 

 

ゴルフシューズにトレンドなんてある?

答えは、ありますよ。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

数年前からアマチュアゴルファーや女子プロに大人気の「ボア」付シューズ。

ご覧になったことあるでしょう。

くるくるとダイヤルを回す例のやつです。

 

 

でも、こだわりの強い男子プロには相変わらず、紐タイプで重いシューズが好まれているようです。

(内緒話 : 決して、男子プロの頭が固いってことではないですよ)

 

やはりシューズは一日中、ゴルファーに付き合う大事な相棒ですから、

見た目だけでなく、性能のそのもので選ぶ必要があります。

 

シューズでスコアが大きく変わり、ラウンド後の疲れ具合も
まったく違ってきます。

 

シューズを制するもの、ゴルフを制す!!!
(下町ロケット風? ちょっと、無理すじでした)

 

「分かった、ジャ~、どんなシューズがいいんだ。お前はどんなシューズを選んだんだ。
さっさと教えろ!」

とお叱りの声が聞こえてきそうなので、私が一番悩んだのは、

ソフトスパイクにするかスパイクレスにするかでした。

 

ソフトスパイクのグリップ力か、スパイクレスの履きやすさか?

汚い写真で申し訳ないですが、これが私が長年使っていたソフトスパイクのシューズです。

すり減った鋲は替えられるんだけど、ラウンドの後、
手入れを全くせず、長年履きっぱなしだったため、いざ鋲を変えようとしてもビクともしません。

おまけに底がぱっくり、でご臨終となりました。

 

こちらは、スパイクレスですが、ソールの摩耗はほとんありません。

グリップ力はソフトスパイクと比べると落ちますが、
それでもラウンドでは、十分な芝への食いつきです。

何より、ソフトスパイクの魅力は、練習場や街中でも
履けるとうことにつきます。

ということで、

ソフトスパイクに決定しました

 

 

スポンサーリンク




 

シューズの重さは履いてみんと、わからんわからん。

いつもの筆者の買い物パターンは、まずインターネットで価格やデザインを調べ、
次にリアル店舗で実物を確認して、アマゾンや楽天で購入というのはほとんどでした。

 

今回は、ソフトスパイクにすることに決め、それからメーカー、デザイン、価格と調べました。

ゴルフ量販店にも数店舗見に行きましたが、各店のキャンペーン商品や目玉商品は、
似たり寄ったりの状態でした。

そして、気づいたのがナショナルブランドの商品は、ネットでもリアル店舗でも

ほとんど価格差がないということでした。

 

そんなこんなで購入を決めたのが、ブリジストンのスパイクレス「ゼロシリーズ」。

ボア付きで超軽量おまけに価格の手頃とあって、人気の商品。

 

店舗で実物を見て、色を決め、試しに履いてみた。

とどうだ!

軽すぎる。これまで履いていたものからすると、はるかに軽い。

メーカーは軽さをアピールしているが、

「これじゃー、下半身が安定しないな」と首をひねっていると、

店員さんがもってきてのが、同じデザインの重いモデル。

履いてみると、安心感のある履き心地。

値段は少々上がるが、そうそう買い替えるもので無しと、

結局、店員さんの進めるモデルを購入し一件落着。

シューズの良し悪しは、その人の感覚によるものであることを

実感しました。

 

 

 

まとめ

 

 

これが筆者が最終的に選んだ

BSのソフトスパイクです。

良く芝に食いつきそうでしょう。

 

 

 

ゴルフシューズのグリップ力が強い弱いの判断は、スパイクの有る無しはもちろんですが、

シューズの重さや靴幅の広さ、靴紐の締め方(ボアor靴紐)などなど。

ゴルファー一人ひとりの感じ方で変わるものだということが良くわかりました。

近ごろは、スパイクレスを履いている男子プロも数多く見受けられます。

ゴルフは下半身を安定させることが重要です。

足元を固めるシューズ選びは、貴方が納得いくまで、

履き比べてみてください。

お気に入りのシューズを見つけると、

気分もルンルンにでスコアアップにつながることでしょう。

 

ということで、筆者のシューズ選びのご紹介でした。

 







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Gama

新しもの好きでなんにでも好奇心旺盛の親父です。 仕事は、健康施設やゴルフ関連、IT関連の企画コンサルなどをしています。 好きなものは、ゴルフ、お酒、ネットサーフィンなど、 野次馬根性だけは、誰にも負けません。

-ゴルフ, スポーツ

Copyright© 健康・スポーツよもやま話ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.