健康・スポーツよもやま話ブログ

健康に関する情報やスポーツのホットな話題やトピックスなどを紹介しています。

雑記 備忘録

SBホークスショック!まさかの千賀敗戦で複雑なファン心理

投稿日:

3連勝確実と思われたベイスターズ戦。
先発はお化けフォークが代名詞の千賀、ホークス投手陣の大黒柱どころか
日本プロ野球の星☆。
その千賀でよきせぬ敗戦。
これは、痛い!
と嘆いたファンが大多数でしょう。
故障者とベテランの不調で台所事情が苦しいSB投手陣。
モノノフ石川とまっちゃん松本と初勝利の連続で沸いたホークスファン。
カーブ武田の復帰も間近と報じられ、
「これで先発ローテの穴が埋まった。
ベテラン組の3人に変わり、どんどん若手を起用しようバイ」
と意気軒高なファンの声。
それが、千賀の敗戦で意気消沈。
やれ、エラーがどうだ、敬遠がどうチャラ、
やはり、お終いには、監督に何しよっとか!
の非難の声がネット上に氾濫。
現場の判断だからという大人の意見もチラホラあるものの、
采配に疑問を感じているファンの声が圧倒的に多くみられます。
「まァ、千賀でも負けることはあるたい、よか投球をしよったけん、
次は勝てばよかタイ」
あきらめの良いところと頭の切り替えが早いのが九州人の特徴。
千賀の6勝2敗は素晴らしい成績でしょう。
kz川島も良い働きをしてます。
江川も右の大砲代打要員として、実戦感覚を味合わせるための先発起用。
 (理にかなった采配だと思っているのは筆者だけ?)
対ベイスターズ戦だから試したのでしょう。
(ちょっとベイを舐めすぎたかな)
筒香の敬遠の場面も現場での雰囲気を読んだところの判断だから、
どうチャラ言わんこと。
うまくいき、勝てば、名采配。
負ければぼろくそ。
実に監督業はつらいものですなア~~~!
■ 配置転換必死の投手陣/ベテラン3人は?
石川と松本の初勝利で次回の先発も濃厚。
武田の復帰で、
千賀、東浜、バンデンの3人と若手2人でローテを編成?
すると、中田はどうする。
摂津はファームで再調整。
寺原も本来の中継ぎに戻れば、また復活は間違いなし。
となると、中田の起用法が一番むつかしい。
中田は、立ち上がりが悪いからリリーフはむつかしいだろう。
となると、やはり先発?
良いときと悪いときがはっきりしているのが
中田の特徴。
特に走者を背負うと、途端に投球テンポが遅くなり、
見ていて、イライラする。
昨シーズン、工藤監督から、リズムを大切にするように指導され、
改善したように思っていたが、
打たれ始めると、また悪い癖が顔を出す悪循環。
ここは一度、筑後に行って、投球スタイルの見直しが必要でしょう。
そして、若手のバックアップ要員として、ロングリリーフをやる。
そうです、数年前の岩崎翔が担っていたポジションです。
岩崎も先発とリリーフと経験して、今のセットアッパーの地位を勝ち取りました。
ここは、中田にも踏ん張ってもらい、若手の後押しを期待します。
■ 好調打撃陣/キャップ内川のリタイアは痛い?
キャップ内川の負傷欠場は確かに痛い。
しかし、ものは考えよう。
他の選手がキャップテンの分まで、内川に心配をさせない様に。
と責任感とやる気に灯をともした。
ギータは、17試合連続安打を放ち、
マッチは一時逆転となるスリーランをかっ飛ばす。
マッチに火が付いたのが大きいですバイ!
昨日はデスパや晃が打てずに負けてしまったけれど、
また、かならず、打ち始めてくれるでしょう。
■ データーに基づく采配の危うさ
SBホークスの采配は、データーに基づいています。
それは、非常に重要なポイントだけど、
ちょっと窮屈に感じてしまう点はあります。
昨日先発を外れた、51上林は左に弱いというデータ。
右の大砲、江川のほうが左投手を打つ確立が高い。
だから江川先発。
データー分析からの判断では問題なし!
しかしであります。
いま売り出しの新モンスター上林をはずすことに対する
ファンの心理を考えたのだろうか?
と疑問を感じます。
選手は、首脳陣の指示は絶対ですから、従わざるを得ません。
しかし、ファン心理は違います。
筆者は、長年、江川のファンですから、
江川を一軍でいつも見たいし、
先発で使えと思っています。
それでも、将来のホークスの中軸を担うであろう、
51上林をはずしたのは驚きでした。
■ まとめ
現代野球はすべて、数字で評価されがちです。
特にここ数年、従来の国内野球では聞きなれない、
評価基準の数字を聞きます。
これもメジャーの影響でしょう。
クオリティースタートやハイクオリティスタートならまだしも、
その他の横文字評価は、さっぱりわかりませんし、
無理して、覚えようとも思わない。
それよりも、ファンに夢や希望を与えてくれる、
まさに、ムネ川崎やマッチ松田のような
意外性と華がある選手。
また、いぶし銀のように輝く、玄人好みの選手。
そういったイメージを売りにしている選手は、
データーでは表せません。
そんな選手を使ってくれ!
とここはファンが声を大きく上げることが必要でしょう。
といえども、
あまり、辛らつな監督及び采配非難は慎みましょう。
穏やかに!!!
とまとめたところでお終いです。
これ、履いてみたら凄い楽でした。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Gama

Gama

新しもの好きでなんにでも好奇心旺盛の親父です。 仕事は、健康施設やゴルフ関連、IT関連の企画コンサルなどをしています。 好きなものは、ゴルフ、お酒、ネットサーフィンなど、 野次馬根性だけは、誰にも負けません。

-雑記 備忘録

Copyright© 健康・スポーツよもやま話ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.