健康・スポーツよもやま話ブログ

健康に関する情報やスポーツのホットな話題やトピックスなどを紹介しています。

雑記 備忘録

侍J、カブス川崎ムネリンなんてことするんだ。

投稿日:

侍ジャパンがメジャーの覇者、カブスと強化試合を行いましたが、
なんと、ムネリン川崎が大活躍!
1安打2盗塁2得点。
試合後のコメントも「ムネリン節」がさく裂!
今日は、そんな、愛すべき川崎ムエリンの話題を
ご紹介します。
お楽しみに。
■ ムネリン川崎、自分はマイナーリーガーと笑い飛ばす。
18日のカブス戦後、記者のインタビューへの答えが笑えます。
    以下、記事参照。
ーーー 日本についてどう感じた?
「侍ジャパンが一番デンジャラスです。今日はジョー(マドン監督)に
監督、ヘッドコーチ、キャップテンをやれと言われました。
明日からジョーの参謀役です」
ーーー打席にはいったときに大歓声だった。
「マイナーリーガーなんですけど、歓声はいっちょ前なんですよ。
元気もらいますね。1打席目すごく緊張したし、いい緊張間の中で野球が
できましたね。『来い、晋太郎!』と言ってね。あったこともないのに。
呼び捨てにしてしまったので、それだけ謝っておいて下さい。
晋太郎って名前を聞いて、いい名前だと思って、次の息子は晋太郎って
名前にしようかなって。いい名前だなって。
ついついうれしかったんです。いい球が来てましたね、晋太郎」
と、なんとも、ウイットにとんだコメントを連発
自分の名前が話題になって、
藤波晋太郎選手も、苦笑いを浮かべて喜んでいるんじゃないですか。
■ SBホークスの後輩、マッチ松田選手へはほめ殺しのコメント。
ーーーサードの松田のいるところにバントを転がそうとした。
『何度もやろうとおもったんだけど、なかなか決められなかった。
マッチの凄いプレッシャーに負けて、ファールになってしまいました。
その辺もマッチが成長したなって思って。すげえな、松田選手は。
彼がいる限り、ジャパンは負けることはないかな」
おいおい、ムエリン。
このコメントは、マッチがムズムズ、こそばゆがるよ。
SBホークスの初代元気印が後を継いだ、
2代目元気印『熱男』をほめ殺しでイジッテます。
ムネリンのマッチへの愛情を感じているのは、筆者だけ?
そんなはずはない。
SBホークスのファンなら、みんな感じているはずだと思いながら、
一人、記事を読みながら、ニヤニヤしていました。

スポンサーリンク



■ 素顔の川崎ムネリンは情に厚い、薩摩隼人のよかにせどん!
アッパレの張さんがサンデーモーニングで、
ムネリンに日本に帰ってこいと、いつも言っていました。
今年、メジャーに残らなければ、古巣のSBホークスに復帰するのではと、
SBホークスファンをやきもきさせました。
結果、カブスとマイナー契約ではありますが、
復帰はなりませんでした。
ムネリンが侍ジャパンとカブス戦後、
『just play enjoy baseboall』
 ただ、楽しんでプレーするだけ。
と言っていますが、
いつも、野球を楽しむだけ。
そのシンプルな心掛けが、メジャーでも
ファンやチームメートから、愛されている理由だと思っています。
心底、野球が好き。
だから、最高の環境でやりたい。
そして、自分のパフォーマンスで仲間が鼓舞できるならと
率先して、トライする。
その姿勢が、また、ファンを魅了する。
アスリートで、ここまでショーマンシップを発揮する
選手はいません。
おそらく、ムネリンのみ!!
TV映像で見ると、メジャーの大男の中で
華奢で小柄に見えますが、いえいえ、決して小柄ではありません。
一度、私服姿のムエリンを身近に見ましたが、
身長も180cm以上あり、
すらっとはしていますが、しっかり肩幅もあり、
ほんとにうらやましいほどの良い男ぶりでした。
■ まとめ
野球だけでなく、インタビューの受け答えや
野球教室などでも、何事にも大ハッスルして
取り組む、川崎ムエリン。
先輩や後輩を大事にする、
礼儀を重んじる人柄。
ある年のキャンプで、同じホテルに泊まった時、
近くの席に引退した松中選手たちが、食事をしていました。
その時、まだ、レギュラーになりたての川崎選手は、
師匠の松中選手の話を直立不動で聞き、席を離れるときは
45度に腰を折った礼をして、大きな声で挨拶をしていたのを目撃しました。
この話には、いろいろなエピソードがあるのですが、
それはまた次回に紹介するとして。
川崎ムエリンが野球に取り組み姿勢は、
我々ファンだけじゃなく、一般のひとにも、
社会人としての立ち振る舞いを教えてくれる
良いお手本だと思っています。
マイナーリーガーでもいいじゃないか、ムネリン!!
好きなだけ、野球に取り組み、ファンを喜ばしてください。
最後に
『なんてことするんだ川崎ムエリン。
 侍ジャパンが自身喪失したら、大変だ』
というのは、無駄な心配かな!
ということでお終いです。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Gama

新しもの好きでなんにでも好奇心旺盛の親父です。 仕事は、健康施設やゴルフ関連、IT関連の企画コンサルなどをしています。 好きなものは、ゴルフ、お酒、ネットサーフィンなど、 野次馬根性だけは、誰にも負けません。

-雑記 備忘録

Copyright© 健康・スポーツよもやま話ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.