健康・スポーツよもやま話ブログ

健康に関する情報やスポーツのホットな話題やトピックスなどを紹介しています。

SBホークス

野球の神様は何故、SBホークスに微笑まなかったか?

投稿日:

前半戦はSBホークスに微笑んでいた、
野球の神様が、何故、終盤になって日ハムに
微笑んだのか?
その疑問を解く答えを、ある新聞記事の中で
見つけました。
なかなか、良い記事でしたので、
皆さんにシェアしたいと思います。
読まれた方もたくさんおられると思いますが、
こんな解釈もできると思っていただければ、
良いなぁ~と思いつつ。
では本題です!。
■日本ハムが愛される理由
西●●スポーツに「タカ番24時」という
コラムがあります。
担当記者がSBホークスのあれこれを紹介する
短い囲み記事です。
そのタカ番24時に見出し文をキャッチにした
興味深い記事がありました。
~~~以下一部引用~~~
「野球の神様が、どう差配しようとしているか
 考えている」。
先日の日ハムとの天王山の直前、栗山監督が発した言葉。
何故、神様はあちらに微笑んだのか。(ここでは日ハムを指す)
・・・以下、記者が個人的に思ったことが紹介されています。・・・
8月中の札幌ドームでの3連戦中。
締め切り時間に追われ、各記者が立ってpc片手に
記事を書きながら、選手を待っていると、頼んでも
いないのに日ハムの球団職員が大量の椅子を運んできてくれた。
他球団では、まず経験がない。
・・・とまず、体験エピソードの紹介があり・・・
日本ハムにはそういう風土があるようだ。
伝統的にKOされた投手も試合後、囲み取材に応じる。
入団時から、「記者の後ろには、何万人のファンがいる。
勝っても負けても自分の言葉でしっかり話しなさい」と、
球団や広報から教育されているという。
ソフトバンクも同じ地方球団ながら、首都圏での
メディア露出は圧倒的に日本ハムのほうが多い。
大谷という存在を差し引いても、だ。
野球の神様に愛されたか。
それは、知る由もないが、彼らは、
人に愛されている。
と以上の様に記されています。

スポンサーリンク



まぁ~ここで、何か言うと大人げないと思いつつ。
ちょっと最後は違うだろう!と突っ込みを入れる。
首都圏で日ハム露出が多いのは、
元々、日ハムの本拠地は後楽園。
でもって、ファーム本拠地は千葉県鎌ヶ谷市の「鎌スタ」。
メディアの露出がホークスより多いのは、当たり前と言えば、
当りまえ。
記者君は、この事実を知らなかったのか?
はたまた、知っていて、あえて記事にしたのか。
そうであるならば、
「お前も悪よのぉ~~~」である。
と言いつつ。
確かに日ハムの快進撃は、神がかりであった。
そして、SBホークスはとんだ引き立て役になってしまった。
その現実は、記者が指摘するような球団の風土の違いを
神様が見ていて、差配してのことだろう。
と納得。
それじゃ~~~!
球団・フロントの差で負けた。
ここは、ホークスの球団・フロントは、
日ハムの良い風土を教訓にして。
ファンに対しては勿論のこと。
ホークスを取り巻く、すべての物に対して、
心配りをしてもらいたいものでス。
それができてこそ、ホークスが目指す、
地域に根差した球団になるための近道です。
とまとめてところで。
今日は、なかなか、良い締めくくりになったなぁ~!
それに引用文があって、楽でもあったな。
ぶっちゃけ話をご披露しておしまい!







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Gama

Gama

新しもの好きでなんにでも好奇心旺盛の親父です。 仕事は、健康施設やゴルフ関連、IT関連の企画コンサルなどをしています。 好きなものは、ゴルフ、お酒、ネットサーフィンなど、 野次馬根性だけは、誰にも負けません。

-SBホークス

Copyright© 健康・スポーツよもやま話ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.