健康・スポーツよもやま話ブログ

健康に関する情報やスポーツのホットな話題やトピックスなどを紹介しています。

ゴルフ

スーパー女子ゴルファーを育てた環境

投稿日:

すごい女子高生が現れた。
ゴルフ界に衝撃!!!
女子ゴルフでは珍しく、大新聞の一面を飾るほど、
インパクトのある出来事が起こりました。
公共放送が12時から5時間の生中継をすることも
驚きで、昨日、今日は、この話題が他を圧倒しています。
優勝した畑岡選手のプロフィール。
試合の詳細や感想は、
たくさん記事やネットに書き込みがありますので、
割愛して。
ここでは、違った視点でジュニアゴルファー育成について、
その歩みと取り組みについて、ご紹介したいと
思います。
久々のゴルフネタ。
今日はこの話題を取りあげないわけには
行かないでしょう。
と言いつつ、本題に。
■トミー中島アカデミー?
AON=青木、尾崎、中島
日本のゴルフを牽引してきたレジェンド。
アメリカのビッグスリー
パーマー、二クラウス、プレーヤー
ゴルフを国民的スポーツに押し上げた、
日米の功労者。
 (残念ながら、先日アーノルド・パーマー氏はなくなりましたね。
  ご冥福をお祈りします)
その中島常幸が教え子の快挙で久々にマスコミ登場です。
青木功は、PGA会長として頻繁にその活動を目にする。
ジャンボ尾崎は、まだ現役としてレギュラーツアーにこだわり
その姿がメディアで紹介されることも多く、
ファンから、驚きのまなざしを浴びている。。
一方、トミー中島は、シニアツアーにたまに出ている姿を
見ることはあるが、何の活動をしているのかと
疑問に思っていた。
そうしたら、今回の教え子の大活躍が、中島の取り組んできた
活動を広く世間に知らしめました。。
これはトミー中島にとっては、感涙ものでしょう。
で、(うらやましい!)
青木や中島がジュニア育成に力を入れていることは
知っていましたが、具体的にどんなことをやっているかは
知りませんでした。
~~~この快挙で知るまでは。~~~
 
茨城でジュニア育成に力を入れていたんですねぇ~。
それがトミーアカデミー。
しかもその顔ぶれが凄い。
優勝した、畑岡奈紗選手をはじめ、
3日目までトップを走っていた
驚異の15歳、長野未祈選手。
そして、全米女子オープンに出場した
スーパー中学生、山口すず夏選手。
そのほか、有望なジュニアがゴロゴロ。
アッパレ! トミー中島&トミーアカデミー。
よくぞ、ここまで育て上げてくれことに、
感謝!
人気のない地味なイメージで散々いじられている
茨城県。
(この快挙は知名度を上げるチャンスです。)
茨城県民の方、大いに自慢してください。

スポンサーリンク



■女子ゴルファーの宝庫は九州・沖縄?
今まで、ジュニアゴルファーの育成は九州・沖縄が
始まりであり、中心であった。
~これは異論のないことと理解されていることを前提にして。~
今回のヒロイン畑岡選手があこがれたのが、
元祖、スーパー高校生ゴルファー
「宮里藍ちゃん」
藍ちゃんの出現は、
・低迷するゴルフ業界を救った。
 だけでなく、
・子供たちに夢を与え、憧れと目標になった。
 
 という大きな功績を残しました。
藍ちゃんを追うように
横峯さくらちゃん、上田桃子、諸見里しのぶちゃん。
有村智恵、原江里菜選手。
綺羅星のように、藍ちゃんを目標にして、
後輩たちが躍動しはじめました。
そんな藍ちゃんを育てたのが沖縄。
そして、ご存じ、熊本!
ちょっと古くは、清元塾門下3人娘。
不動裕理、大山志保、古閑美保が大活躍。
次に台頭したのが、
「坂田ゴルフ塾」
 坂田信弘プロが主催するジュニアゴルファー養成講座。
(詳しく知りたい方は、検索してくださ~い→冷たー)
排出したプロは古閑、上田、有村、笠 などなど。
この坂田塾が、熊本から全国に広がり、
ジュニア育成の礎となったことについて、異論はないでしょう。
そんなジュニア育成に功労があった坂田塾も
ゴルフ産業の衰退で、閉鎖を余儀なくされ、
寂しいことに現在は、兵庫校だけになっています。
■そこで立ち上がったレジェンドたち
低迷するゴルフ業界。
2015年問題(詳しいことはググってください)
や経済情勢で、ゴルフ場や練習場の閉鎖が相次ぎ
ゴルフ愛好者は激減の一途でした。
早くに危機感をもっていた、
女子ゴルフ協会は、長年のファンサービスや
ジュニア育成の強化に取り組み、
その長年の努力が実を結び、
いまや、隆盛の極みです。
 (樋口久子JLPGA相談役に感謝)
一方、男子ゴルフは悲惨な状況です。
スポンサーの相次ぐ徹底で、トーナメントは激減。
女子とは比べものになりません。
そんな状況に立ち上がったのが、
レジェンド青木。
PGA会長に就任し、以来、八面六臂の活躍。
ジャンボはツアーの話題だけではなく
原英莉花という有望株な女子高校生を愛弟子として、
育て上げ。
今回のトミー中嶋です。
その他、まだ若くて、レジェンドというには
気の毒ですが、
丸ちゃんこと、丸山茂樹プロ!
丸ちゃんは、ジュニア-育成を商売にしたくない。
だから丸山塾など、スクールはやらない。
と言って、
「丸山茂樹ジュニアファンデーション」
という、大会を開催しています。
ジュニアにプレーする機会、同じ目標を持つ、
仲間たちとの交流を深める場を提供する。
それが、自分が考えるジュニア育成。
素晴らしい考えかたです。
その大会も今年で11年目ですって。
凄い、感服!
■まとめ
プロの考え方、取り組み方法。
それは様々あります。
しかし、その根底にあるのは、
次世代を育てるという心です。
大きく花開いたジュニアゴルファーの皆さん!
そして、その育成に力を注がれているプロを
始め、関係者の皆さん。
ゴルフ産業に携わるものとして、
その活躍と活動に、
心より、深謝!!!!
頑張れ、ジュニアゴルファー!
頑張ろうゴルフ関係者。
ときれいにまとめたつもりで、
おしまいです。
自己満足。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Gama

Gama

新しもの好きでなんにでも好奇心旺盛の親父です。 仕事は、健康施設やゴルフ関連、IT関連の企画コンサルなどをしています。 好きなものは、ゴルフ、お酒、ネットサーフィンなど、 野次馬根性だけは、誰にも負けません。

-ゴルフ

Copyright© 健康・スポーツよもやま話ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.