健康・スポーツよもやま話ブログ

健康に関する情報やスポーツのホットな話題やトピックスなどを紹介しています。

スポーツ

平昌五輪、女子スケート選手が大躍進! その理由はナショナルチーム結成にあった?

投稿日:

平昌五輪のメダル獲得の期待が大きかった、女子スピートスケート選手達。

期待にたがわす、

小平奈緒選手が,500mで金。1000mで銀と二つのメダルを獲得。

高木美帆選手が、1500mで銀。1000mで銅。団体パシュートで金と三つのメダル獲得と快挙達成。

金メダルの大本命と期待されていた団体パシュート、メダル獲得後の会見で、

高木美帆選手を始め、選手の皆さんが、ナショナルチームに入って頑張ってきた結果。

と、うれし涙を浮かべながら、コメントしていました。

 

マスコミでも、大躍進の原動力になったのは、スケート連盟の強化策である、

ナショナルチーム結成が功を奏した。

と報道されていました。

 

そこで、ナショナルチームと強化策がどういったものか、
興味が湧いたので、調べてみましたので、ご紹介して行きます。

 

まずはじめに、

プレッシャーに負けず、大活躍の選手の皆さんに大アッパレ!

大会前、注目を集め、国民の期待を一身に背負った選手たちのプレッシャーは、

一般人では想像もできないほど、大きかったことでしょう。

そんなプレッシャーに負けず、大活躍で日本中を盛り上げてくれた選手の皆さんに、

最大級のアッパレと感謝を捧げます。

 

~~~~ 人気TV、サンデーモーニングのスポーツコーナーで、

張本さんが、羽生結弦選手の金メダルにアッパレを送り、

アッパレが一つでは足りない、まだないの?  ~~~~

とコメントし、話題になっていました。

 

筆者は、女子スケート陣の大活躍は、羽生選手に負けないほどの大アッパレだと思い、
張本さんが女子パシュートに送るアッパレが気になっています。

註)アッパレなんか知らね~!という方は、

張本さんのアッパレとは、サンデーモーニングのスポーツコーナーで

一週間の競技の内、張本さんが選手に「アッパレ」や「喝」を入れ、人気となっているコーナーです。

ちなみに張本氏は、プロ野球界のご意見番。

 

ナショナルチーム結成は、スケート強化策の目玉プロジェクト

日本スケート連盟は、前回のソチ五輪でフィギアスケートの羽生結弦選手の金メダル一つに終わり、

平昌五輪に向けて、強化策に乗り出しました。

 

ナショナルチームの結成は、メダル獲得が期待される選手を強化指定選手として、

味の素ナショナルトレーニングセンター(味の素トレセン)などで、

一緒に生活しながら、トレーニングを行い競技力アップを計ることが目的でした。

トレセン 講習の様子

 

なかでも、強化の決め手となった、
ナショナルチームのコーチには、スケート強国オランダから
プロコーチのヨハン・デビットコーチを招聘。

ーーーーーーーーーー

まさにデビットコーチが低迷するスピードスケートを救ってくれました。

デビットコーチは、大会後もコーチを継続してくれることが決定しています。 良かった~!

ーーーーーーーーーー

 

強化選手の指定も種目別や年代別など、細かなカテゴリーで分けられてるのに、

調べて見て、ビックリしました。

いや~、知らなかった!

スケート連盟が本気で取り組んだという証だと思い、

連盟の取り組み姿勢にも、アッパレ!

 

次に、強化指定選手のカテゴリーと主な選手を紹介すると。

 

小平奈緒選手は、唯一のシニア特別強化選手

感度のシーン

韓国で平昌五輪で最も感動を呼んだシーンは、

女子500m決勝で小平奈緒選手が韓国の氷帝女王と呼ばれる李相花選手(イサンファ)を

抱擁した時でした。

TV視聴率は、なんと、韓国国内で65%超えだったそうです。

 

ーーーー 日本では、昔の紅白歌合戦並みの視聴率。 驚きの数字です。 ----

 

敗者をたたえ、いたわる小平選手の姿や言動はは、韓国だけでなく、世界中から、

感動した!

との賞賛の声があがっています。

 

そんな小平選手が、日本スケート界で男女唯一の特別強化選手です。

 

スケート連盟の評価にアッパレ!

 

高木美帆選手は、ナショナルオールラウンド強化選手というカテゴリー

赤城姉妹の喜び

ナショナルオールラウンドプレーヤーという、呼び方を知っていましたか?

筆者は、勉強不足で、調べているとき、はじめて知りました。

メンバーは、金メダル獲得のパシュートメンバーを含め、

高木奈那・美帆姉妹。

菊池彩花。

佐藤綾乃。

押切美紗紀。

松岡芙蓉。

という選手の皆さん。

表舞台には立てなかった、リザーブの選手たちがいてくれてこその金メダル。

 

メダリストの選手たちが、記者会見でしきりに、

「支援していただいた皆さんのおかげ」

とコメントしていた訳を、調べていくうちの実感。

 

ーーー 思わず、涙腺が緩んだ筆者がいた ーーー

 

強化指定選手カテゴリーは、凄く細かい設定で驚いた!

小平奈緒、高木美帆選手の位置づけはわかった。

じゃー、その他の選手たちは?

当然、そのように思いますよね。

でも、本当に細かく分類されていて、

へえ~、凄い!

と驚きますよ。

 

強化指定選手 カテゴリー一覧

シニア特別強化選手

シニア強化選手A・・・加藤条治。

シニア強化選手B ・・・ 男女別。

ナショナルスプリント強化選手 ・・・ 男女別。

ナショナルオールラウンド選手 ・・・ 男女別。

ジュニア特別強化選手。

ジュニア強化選手A ・・・ 男女別。

ジュニア強化選手B ・・・ 男女別。

ノービス強化選手  ・・・ 男女別。

 

まとめ

皆さん、ノービスっていうの、知っていました?

こんなに細かく分類されていたんですねぇ~~~~!

この分類の仕方を見ても、スケートを強くしようという、スケート連盟の意欲を感じました。

 

数年来、スポーツ団体の主導権争いが明るみになり、問題になっています。

五輪前、話題を独占していたのが、相撲協会のごたごた。

そのほかにも、Bリーグ、柔道、サッカー、ラグビー などなど。

 

見ている我々一般人は、

「公益法人だろ、しっかりしろよ!」

と、問題が表面化するたびに、怒るやらあきれるやら。

 

そんなモヤモヤした気持ちを、平昌五輪での選手の活躍が

吹っ飛ばしてくれました。

 

メダルを取った人は勿論、選手の皆さんとスケート連盟に、

 

超特大アッパレと、無制限の座布団を捧げます。

 

感動を有難うございました。

 







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Gama

新しもの好きでなんにでも好奇心旺盛の親父です。 仕事は、健康施設やゴルフ関連、IT関連の企画コンサルなどをしています。 好きなものは、ゴルフ、お酒、ネットサーフィンなど、 野次馬根性だけは、誰にも負けません。

-スポーツ

Copyright© 健康・スポーツよもやま話ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.