健康・スポーツよもやま話ブログ

健康に関する情報やスポーツのホットな話題やトピックスなどを紹介しています。

スポーツ

高木美帆、W杯全種目総合Vの快挙にも、心配していた通りのマスコミ報道に疑問符?

投稿日:

スピードスケートをもっと人気スポーツに。

と願っているスポーツ大好きライターのGamaです。

今日は、高木美帆選手の快挙達成の報道を通して、

マイナースポーツに対するマスコミの報道姿勢について、

書いていきます。

 

スポーツを報道する、マスコミのあり方に????

高木美帆選手の快挙をご紹介する前に。

 

いきなりですが。

 

あなたは、TVのワイドショーなどで、どの放送局も同じ話題ばかりが

毎日のように報道され、「まかたよ!」

とうんざりすることはありませんか?

 

政治・外交・将棋・スポーツなど、どんな分野でも、

注目される出来事が起こるたびに始まる放送合戦を見て、

筆者は、いい加減にしろよ! とあきれてみています。

(まあ、いやなら見なけりゃいいだけの話しですが、
チェンネル権がないことを理由に見ている自分にあきれます。)

 

スポーツに関する話題も、
選手の成績や活躍ぶり、
成長するまでの過程なんかであれば、喜んでみます。

しかし、
選手をアイドルタレントのように追いかけまわして、
私生活を細かく報道する姿勢には、開いた口がふさがらない思いです。

 

そんな報道姿勢は、まるでニュースのスクープ合戦みたいに、

他社に先駆け、独自のネタを追いかける。

話題になれば、連日の放送で人気をあおる。

 

そして、ブームが過ぎたとなれば、見向きもしない。

 

根本のところに視聴率競争があるのでしょうが

こんな報道のされ方では、マイナースポーツの人気が

定着するわけがない。

 

と、筆者が憤慨しつつ見たのは。

 

高木美帆選手の快挙が報道されてないことに驚き

マイナー競技だったカーリング女子は、平昌五輪の活躍で一躍人気を集め、
いまやブームといって良いほど注目され、いまだに、マスコミ報道が続いています。
(カーリングの話は、あとで書きます)

 

しかし、スピードスケートの報道はあまり見かけなくなりました。

それでも、一般紙で「高木美帆選手が日本勢初のW杯総合優勝」

の記事を見て、詳しくはスポーツ新聞に載っているだろうと

期待をしながら、スポーツ紙を見てみると。

 

なんと一行、一文字たりとも高木美帆選手の快挙を書いた記事がありません。

見つけたのは、小さく姉の菜那選手の囲み記事。

 

これには、筆者も驚き、一瞬怒りさえ覚えましたが、

まぁ、スポーツ新聞はプロ野球記事なんか、

系列チームのことしか書いてないことはざらにある。

こんなこともあるだろう。

と思い直しましたが、さすがにあきれました。

 

それだけ、高木美帆選手が成し遂げたのは、凄いことだったからです。

 

快挙の内容をご存じない方のためにあらためてご紹介すると。

 

今季、高木美帆選手が成し遂げた快挙の数々

17-18期、全6大会開催のスピードスケートW杯で、

女子全種目の総合得点でトップとなり、日本勢初の総合優勝を飾る。

18日のW杯最終戦の1500mで優勝し、この距離はW杯5連勝と負け知らず。

金・銀・銅と三つのメダルを獲得した平昌五輪。

500mから5000㎡までの4種目の総合得点で争う世界選手権の制覇。

(この優勝も日本人初、アジア勢としても初の快挙)

そして、今回のW杯全種目総合優勝。

 

いやいや、日本スピード界初の快挙を連発。

スゴイ! よくやった! としか言いようのない、大車輪の活躍でした。

 

メモW杯女子個人総合得点。 五輪後、体調不良で大会を欠場している、小平奈緒選手も3位と大健闘でした。

また、ノルディック複合の渡部暁斗選手がW杯総合優勝を飾っています。こちらも荻原健司選手以来、23年ぶりの快挙です。

 

 

スポンサーリンク




 

 

マイナースポーツの人気は、マスコミの報道ありき

マイナーな競技や、冬季スポーツが注目され、

人気を集めるには、マスコミの報道が一番効果的なのは、

誰もがわかっていることです。

 

現在人気のカーリングでも、

「カーリングなんか、見たこともないし、ルールもわからない」。

といっていた人が、TVのワイドショーやニュースで話題になっているからと、

次に試合中継を見る。

そして、見たら面白かったので、フアンになった。

 

きっと、競技を知るきっけや、ファンになるのは、

このパターンが多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、人気先行、話題先行で一部の選手だけが引っ張りだこになり、

肝心の試合が放送されない。

といった本末転倒なことも起こります。

 

現に、同時期に始まった国内開催のミックスダブルス大会と

カナダで開催された世界選手権の報道のされ方。

人気選手が出場している、ミックスダブルスの様子は、

TVも新聞も連日、大きく報道。

一方、同時にカナダで始まり、開催中の世界選手権は、

ミックスダブルス大会が終わっても、

インターネットのニュース記事や一部の新聞で小さく報道されるだけ。

 

特に影響力が強いTV放送局には、できる限り、多くの競技を

応援して、人気種目に育てていって欲しいものですが、

現実はそうではありませんよね。

 

ですが、良い例もあります。

卓球を人気種目に育てた放送局の応援のやり方です。

 

 

地味で部活スポーツと云われ、人気のなかった卓球を

試合中継だけでなく、自社の番組内で人気アナに試合をさせたり、

ことあることに卓球の話題を提供。

いまや、国内でも有数の人気スポーツに育て上げています。

 

まとめ

私は、以前書いた、小平奈緒、体調不良で無念の棄権という記事や

ほかの記事でも、

アイススケートを始め、冬季スポーツや

マイナーな競技をシーズンが終わってもずぅ~っと応援して欲しいな。

と、機会あるごとに書いてきました。

 

スポーツが人を元気づけ、選手の活躍が

社会を明るくし、また、勇気を与える。

 

オリンピックやパラリンピックを見て、

まずます、多くの人にスポーツの楽しさを知ってもらいたい。

そして、自分が好きなスポーツだけでなく、

新しく知ったスポーツでも興味をもって欲しい。

と私は思っています。

 

マスコミの報道の在り方次第で、

人気種目が生み出される。

 

卓球が良い例であるように、

マスコミ各社がスポーツをどんな風に応援するか。

注意してみていきたいと思います。

 

最後に

高木美帆選手とはじめ、明るい話題を提供してくれた、

全部の選手たちに感謝しながら、終わります。

 

読んでいただきありがとうございました。

また、機会があればご訪問ください。

 

 

 

 







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Gama

新しもの好きでなんにでも好奇心旺盛の親父です。 仕事は、健康施設やゴルフ関連、IT関連の企画コンサルなどをしています。 好きなものは、ゴルフ、お酒、ネットサーフィンなど、 野次馬根性だけは、誰にも負けません。

-スポーツ

Copyright© 健康・スポーツよもやま話ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.