健康・スポーツよもやま話ブログ

健康に関する情報やスポーツのホットな話題やトピックスなどを紹介しています。

雑記 備忘録

SBホークスリトルボーイズの3連発、ゴルフの飛距離アップに気ずき!

更新日:

SBホークスが日ハム戦で連勝。

勝負を決めた一発の立役者は、デスパイイバイ選手でした。

しかし、本当に貢献したのは、ちびっ子トリオの

慶三川島・育成甲斐・守備職人今宮の3選手です。

チームで身長が低い3人がそろって、価値ある一発を放つ。

しかも、テラスでなく、スタンドイン。

小柄な、選手でもあれだけ飛ばせるんだと、

野球少年たちを勇気付ける、本当に意味のある、味のあるホームランでした。

試合やホームランシーン、エピソードは、たくさんのメディアで詳細に

報じられているので割愛。

そのシーンを見ながら、同じような体格の筆者は、何を思ったかということを

ご紹介すると。

あの3人の打ち方をすると,

ドライバーの飛距離アップのヒントになった!と故障の予防対策は?

でした。

■ ちびっ子トリオの3発はボディーターンの賜物


昨年の前半戦、、バッティングで不振を極めた今宮選手が、

テニス打法と名付けたフォームで打撃開眼して、コンスタントに

打ち始めたことは記憶に新しいと思います。

このテニス打法の極意こそボディーターン。

要は、身体の回転で打つ。

ということです。

ゴルフでも、女子プロはほとんどがボディーターンで打ち、

効率よく飛距離を稼いでいます。

ところが、アマチャゴルファーは、上半身や腕の力に頼って、

力任せのスイングをして、大幅に距離をロスしてしまいます。

身長150cm強の女子プロが250ヤード前後飛ばす。

ボディーターンは凄い!

こんなことを考えながら、TV観戦。

なぜ、そんなことを考えていたかというと?

■ ボディーターンは腰・膝・肩痛にはどうなんだ?

2日前、ひさびさにラウンドに行った筆者。

20日程前の前回ラウンド後半、左ひざが痛み出し、

ビタミン剤やサロンパスなどでごまかしてはいましたが、

いまだ、スッキリしてない中でのラウンド。

前半は、あまり痛みも感じることなく、無事終了。

スルーでのラウンド、休憩なしで後半戦突入。

あれ? 左ひざがカクカクし始めた。

踏ん張りがきかずに手打ちになっているのが、自分でも

よくわかる。

ボールは正直に、右や左の旦那様状態。

もちろん、飛距離もがた落ち。
(自慢じゃないですよ)

折角、前回のラウンドで良くなったいた

アイアンもパターもボロボロ。

やっぱり、ゴルフも野球も下半身と回転が重要なスポーツなんだ。

ときっちり認識しました。

■ まとめ

SBホークスは、故障者が多く戦力的には、苦しい状態ですが、

決して、無理をさせません。

しっかり、万全の体調になってから、復帰させています。

それは、主砲であろうが、エースであろうが。

それは、ホークスの選手層の厚さがあるから。

という声も聞こえそうですが、

決して、そうではないでしょう。

「目先の勝利より、選手のコンディションを優先」

それが、監督、球団の選手起用の考え方の基本。

では、シニアゴルファーの皆さん。

ラウンド、練習後、しっかり、身体のケアをしていますか?

ストレッチはやっていますか?

「わかっちゃいるけど、やってない。

そんなお前はどうなんだ」

と怒りの言葉が降りかかりそうです。

ハイ、筆者はまず、膝痛を直すことを考えます。

運動で鍛えて、直すか?

いや、薬かサプリメントかな?

病院にいくか?

うーん?

でTVを見ていいたら、よさそうな薬を発見。

すぐさま、ネットで検索。



腰痛・膝痛・眼精疲労にも良い。

サプリメントではなく、医薬品。

これは試して見る価値はあるかもと思いつつ、

軟弱な、筆者のたどり着いた結論。

まずは、サプリメントを飲んでみよう。

その後、ボディーターンで飛距離アップを目指そう。

とまとめたところでお終いです。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Gama

新しもの好きでなんにでも好奇心旺盛の親父です。 仕事は、健康施設やゴルフ関連、IT関連の企画コンサルなどをしています。 好きなものは、ゴルフ、お酒、ネットサーフィンなど、 野次馬根性だけは、誰にも負けません。

-雑記 備忘録

Copyright© 健康・スポーツよもやま話ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.