健康・スポーツよもやま話ブログ

健康に関する情報やスポーツのホットな話題やトピックスなどを紹介しています。

雑記 備忘録

SBホークス松坂、7回ノーヒットの快投でファンは歓喜。工藤監督は頭が痛い?

投稿日:

広島とのオープン戦。
先発の松坂は、開幕ローテーションを目指して、最後の登板。
7回ノーヒット、2四球で見事の投球。
8回は五十嵐。
9回は、サファテ。
で、なんとノーヒットノーランの快挙を達成。
前日は、攝津が6回を投げ、2安打4四球とこちらも結果を出しました。
ファンは嬉しい悲鳴ですが、工藤監督はローテションを考えると
悩ましいでしょうね。
■ ノーヒットに抑えても松坂は、摂津と共にローテションをのがす。
いやー! 松坂も摂津も最後に意地を見せ、ローテ入りを目指し、
快投を演じました。
しかし、試合後、倉野コーチが「ローテーションを外れたと伝えたと
ネット記事で速報されています。
工藤監督にとってもうれしい悲鳴でしょう!
 工藤監督は、試合後「松坂は新しい投球スタイルができた」と高評価のコメント。
それでも、ローテ落ち。
どんだけ、ホークスの投手陣が凄いかを証明しています。
これで、ローテ投手に何かあっても、二人が十分使えることが
解ったので、工藤監督も安心でしょう。
ファンの中には、工藤監督が松坂に登板させることに懐疑的な意見が
ネット上でも飛び交っていました。
工藤監督は東浜が好投しても、辛口のコメントで、松坂へは甘い事しか言わない。
と怒るファンも多くいました。
しかし、松坂が投げるたび、
「だんだん良くなってきている。もう一度見てみたいから、チャンスを与える」
と言っていた、工藤監督の慧眼に脱帽。
さすがです。

スポンサーリンク



■ ホークスは投手の競争もすごいが、野手も熾烈な一軍枠争い。。
筆者はいぶし銀の様に泥臭いプレーをする選手が好きです。
ホークスでは、明石健二、川島恵三、待機中の城所、長谷川、福田 etc。
その慶三がしぶとく三遊間を抜いて、唯一の得点をたたき出した。
新加入、キューバの至宝 デスパイヤがヒットで出塁。
すかさず、福田を代走に送り、盗塁を決める。
強いホークスの戦い方を絵に描いたように演じてくれた。
アッパレ! 慶三、福田。
野手の一軍枠は、
若手の台頭やデスパイヤ、ジャンセンと二人の
外国人の加入で、それでなくても、狭き門がもっと厳しく、
熾烈な争いになっています。
一発長打がある、江川。
ファームのヒットメーカー、塚田。
期待の成長株、上林。
ファームに落ちたが、
期待若手のミギータ、真砂。
まだ、逆転打だったらこの男、吉村。
いやいや、他球団がよだれを流すのが解ります。
ファンの間でも「あーでもない、こーでもない。」の大激論。
■ まとめ
まあ~、予想もファンの楽しみ方の一つ。
オープン戦や昨年も成績を見つつ、
酒をちびちび飲みながらの開幕オーダーを予想。
そして、優勝予想となりますが、
優勝に関しては、
今年は、間違いなく、ブッチギリで優勝。
やったぞ!ホークス日本一!
と歓喜の時を考えつつ、
本日もお終いです。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Gama

新しもの好きでなんにでも好奇心旺盛の親父です。 仕事は、健康施設やゴルフ関連、IT関連の企画コンサルなどをしています。 好きなものは、ゴルフ、お酒、ネットサーフィンなど、 野次馬根性だけは、誰にも負けません。

-雑記 備忘録

Copyright© 健康・スポーツよもやま話ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.